犬のオナニー自慰行為、辞めさせる方法|犬とオナニーする方法

獣姦(じゅうかん)

犬はオナニー(自慰行為)するのでしょうか?

また、犬とオナニーする方法 とは何でしょうか?

犬のオナニー:哺乳類である「犬」は人間の生活とふるくから関りがあり、犬も性欲があるため、発情すればオナニーをすることがあります。

目次

それぞれ、犬のオナニーについて、見ていきましょう。

このページを書いてる人:オナニーの収益化により、毎月50万~を稼いでる 変態女です。いまだけ無料公開中です ≫詳細はこちらをクリック

1.犬のオナニー(自慰行為)

飼い犬はオナニーするのでしょうか?

飼い犬も人間とおなじで、去勢(きょせい)手術をしない限りは「性欲(せいよく)」があるため、発情すればオナニーすることがあります。

とくにオス犬は性欲がつよく、
人間の女性にも欲情することがあります。

犬でも、オナニーすることがあります
犬のオナニー=マウンティング行為 です

✅人間の女性へ興奮し、欲情することもある
✅小型犬:ソファや飼い主へのマウンティング、腰振り行為
✅大型犬:飼い主へのマウンティング、腰振り、同性・異性の犬へのマウンティング

犬にも、人間とおなじく性欲があるため、とくにメスのフェロモンの匂いに反応して興奮したり、人間の女性のフェロモンでも発情してオナニーすることがあります。

ストレスが溜まっていたり、メスのフェロモンを嗅いだ時に、オスの犬が興奮してマウンティング、腰振りオナニーをすることがおおいです。

犬のオナニー=マウンティング
前足でしがみつき、腰を振る行為 のことです
✅相手を独占したい、犬になめられている
✅本能的に、興奮して抑えられない
✅たのしい、の延長で興奮している
✅遊んでほしい、かまってほしい

子犬が成長して「発情期」になると、とくにオス犬が興奮した際に、オナニーマウンティング腰振りをするようになります。メスがマウンティングすることもあります。

去勢をすれば、オナニーを落ち着くことがおおいです

去勢後でもオナニーをやめない子もいます

2.犬のオナニーを辞めさせる方法

飼い犬のオナニーを辞めさせる方法は?

あなたの飼い犬のオナニーマウンティング(自慰行為)を辞めさせるには、オナニーを辞めたら褒めてあげる、オナニーをしてはいけない。と訓練するトレーニングをおこないましょう。

ワンちゃん自身に、理解させてあげることが重要です
オナニーを辞める=褒めておやつをあげる
✅オナニーをしない=良いことだと理解させてあげる
✅オナニーをしたら、叱る、ダメだと注意する
✅遊んでストレスを発散する、甘やかさない
✅去勢(きょせい)手術をする

ワンちゃんのオナニーを辞めさせるには、オナニー=やめるべき行為 だということを理解させるとともに、飼い主として舐められない、犬よりも人間が上の立場であることを理解させながら、しっかり遊んであげることが大事になります。

去勢してもオナニーをやめない場合には、オナニーマウンティングが癖になっているので、マナーとしてオナニーをダメだとワンちゃん自身が理解できるように、オナニーをやめることで褒めてあげる、おやつをあげるようにしましょう。

甘やかさずに、トレーニング訓練しましょう

3.犬とオナニーする方法

犬とのオナニー=違法で禁止されています

動物愛護の観点から、犬 またはその他の動物とのオナニー性行為は禁止されており、「動物虐待の罪」により違法となるため、いぬとのオナニーは絶対におやめください。犬がかわいそうです。

バター犬=性器を犬になめさせる『動物虐待』です

昭和の時代など、飼い犬にバターを塗った性器を舐めさせる「バター犬」といった言葉が冗談でネタにされることもありますが、令和の現代では「バター犬」など、動物愛護の観点からかんぜんに「動物虐待」として訴えられる行為です。

動物虐待 で違法、罪になります

まとめ|犬のオナニー(自慰行為)

犬でもオナニーすることはあります

人間とおなじように、犬にも性欲があるので、性成熟をむかえる発情期にはオナニーマウンティングで腰振りをし、勃起や射精・生理をむかえることになります。

✅犬でも性欲があり、オナニーをする
✅クッションや飼い主にむかって、腰をふるマウンティング行為
✅去勢、避妊でおちつくことが多い(しつけ)

オナニーや性的な発情はしぜんなもので、動物である以上ひつような生理現象です。のぞまぬ妊娠をしないためにも、犬のオナニーを辞めさせるには 去勢・避妊手術 をすることがひとつの選択肢としておおきいです。

犬も。猿も。猫もオナニーをします

 

オナニーで月50万~を稼いでいる『やり方』を公開中!

このページを書いてる人:オナニーの収益化により、毎月50万~を稼いでる 変態女です。いまだけ無料公開中です ≫詳細はこちらをクリック

4.その他、犬のオナニー

その他、犬のオナニー:犬の発情期 犬のオナニー動画 犬のペニスの骨 去勢手術・避妊手術 犬の射精 犬の生理 偽妊娠 犬の勃起

犬の発情期(フェロモン)

小型犬:生後6か月~12ヶ月、成長のおそい大型犬:生後12か月~24ヶ月ほどで、生成熟の発情期にはいります。

メスの場合には生理がくることで生成熟がわかります。オスの場合には片足をあげておしっこをするのが目安となります。

発情中のメスの尿に含まれるフェロモンがオスの犬を刺激し、数キロメートル先からでもその匂いを嗅ぎ分けられると言われています。

✅6~10か月周期 ✅1年に約1~2回 ✅約5日~20日間

犬のオナニー動画

昭和時代のAV作品など、いちぶの海外サイトでは犬のオナニー動画が掲載されていることがあります。そのほか、素人撮影によるものなど、犬のオナニーにより精液を射精する動画など。インターネット上でみれる場合があります。

このような動画は動物愛護の観点から、せかいてきに「動物虐待」として避難される行為であり、自発的なオナニーであってもモラル面で炎上する可能性が高いです。

犬のペニスの骨

犬の性器(ペニス)には骨が入っており固く、大型犬のペニスは人間の男性器とおなじくらいのサイズがあります。

犬の去勢手術・避妊手術

犬の去勢手術は、約18000円ほど。メスの避妊手術は、約24000円ほどで手術することができます。+診療代など、諸費用がプラスされる形となります。

犬の性成熟をむかえる、生後6か月~12ヶ月が去勢・避妊手術をおこなう目安です。のぞまぬ妊娠をさけるためにも、犬の去勢・避妊手術をおこなうことで、オナニー腰振りマウンティング行為をふせぐ効果もあります。

犬の射精

犬の射精(精子)は人間のものよりもサラサラとしており、人間と同じように我慢強さ(射精までのながさ)には個体差があります。

犬の生理

雌犬のばあい、生後6か月~12ヶ月の性成熟により初潮をむかえ、発情期により生理がおこります。

犬の偽妊娠

メス犬では妊娠していない場合でも、おきにいりのぬいぐるみを持ち込んで育てるような行動をしたり、乳腺のはりや母乳の分泌など。妊娠していなくても妊娠しているときの子育て行動をとることがあります。

犬のばあいには排卵後に妊娠していた時と同じ期間(約63日間)、黄体ホルモンがはたらくため、妊娠していなくても妊娠とおなじような傾向がみられる場合があります。

犬の勃起・赤チン

オス犬の場合、興奮した際や発情した際に、ペニスが通常の約2倍くらいに大きくなる「勃起(ぼっき)」をすることがあります。犬の勃起では赤くなった陰茎が包皮から飛び出し「赤チン」と呼ばれる状態になります。

人間の勃起とおなじように、犬のからだの自然な反応で、興奮したり性欲がたまっているときには自然と勃起(ぼっき)してしまいます。

 

コメント